2015年04月24日

ブラジルのグッチ偽物製革工業センター

ブラジルのグッチ偽物製革工業センター(CIBC)は近頃ブラジルで異なる地区は一連のシンポジウムを開いて、目的は理念を革新するのを流行すると設計の分野で貫くのです。斬新な皮革の製品を設計するため、芸術家の赫勒薩克羅柯(HeloネsaCrocco)とデザイナーのロナウドが弗カナダ(RonaldoFraga)を引き延ばさないでいっしょに13人の製革の専門の人が開拓・革新して、いくつか流行設計の理念と美学の特徴を設計中で使用します。

  克羅柯レディースは語って、私達の設計の理念は大自然でから来て、皮の製品の上半身で自然な米を現して、事実上、多くの人の設計の作品の中でこれらの特徴が現れられないのはあるいは誤ってこの点を体現しているのです。このような自発的に革新した設計精神と理念はブラジルの皮革の業界の大きな力の支持を得ました。

両手の真っ赤な一錠、彼女は何をしていますか?グッチ偽物長時計はラインストーンを全部に敷き詰めて、どれだけの時間を縫いますか?店主は自ら出場して、彼はどのようにしますか?昨日、龍湾区の製時計業の業界から引き受ける“卓の女の子の詩の杯”のレディースシューズ設計の技能に力を合わせて武芸の試合をしてと中国の時計レディースシューズの基地の全国の招待試合すべて浙江にあります

工業と貿易学院はして、自己の市の各県(市、グッチ時計 レディース区)、四川成都、広東広州などの国内の多数のレディースシューズの基地の30足のブランドの時計に来て、上で百人の時計類のデザイナーと時計の両側の成型する技術工を待望して試合に参加して、現場がすばらしくて絶え間ないです。

  関係者の話によると、今回の大会の審査委員(会)のグッチ時計 レディース団が強大で、国内有名な時計類のデザイナー、高級の時計製造の技術の大家と総合大学と単科大学の教授などから担当します。記者は昨日現場に試合していて調査研究をして、各企業代表チームのデザイナー、時計底師がと師の間の協力を作って息が合ってまた独立を失わないでを見て、ミシンのは音と金槌のはkaどん音は度々鳴り響いて、現場は1面熱気があふれます。

  
同類の製時計業のサンプルのグッチ偽物時計を競って師の張(さん)の両手の真っ赤な一錠を作って、“これは時計ひもの上の色に染められたので、時計ひもとファスナーの結合の技術は技術に対してとても高いのを求めて、何針必ず縫ってまた時計ひもを着なければならなくて、1回限りであることができなくて着て、さもなくば見るのがもう精致ではない。”華の益の製時計業は作りました


同じカテゴリー(ブランドバッグコピー)の記事画像
部分は縫い合わせられるを筒の形のグッチコピー特殊
4年来の四半期の販売の増幅ブランドバッグコピー高雅精品 満足度No.1
同じカテゴリー(ブランドバッグコピー)の記事
 長時計は多グッチ偽物くの眼光を引きつけて、黒色 (2015-04-24 16:13)
 部分は縫い合わせられるを筒の形のグッチコピー特殊 (2015-02-18 07:48)
 4年来の四半期の販売の増幅ブランドバッグコピー高雅精品 満足度No.1 (2015-01-08 15:50)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。